ご家庭でできるプロのサッシ掃除

窓サッシがいつも間にかとんでもないことに!

窓サッシにたまっている埃は、外の土ボコリや砂、花粉、室内の糸くず、結露の水分などさまざまな汚れが混ざったものです。
そのため、もじゃもじゃした糸くずが固まってこびり付いているように見え、頑固そうなイメージがあります。
このもじゃもじゃした埃はいらなくなった歯ブラシなどをぬらさないでこすり掃除機で吸い込むと簡単に落とせます。
窓をわざわざ外したりする必要はなく、互い違いに掃除していけば十分きれいになります。(プロでも外すことはマレです。)
ただし、サッシ周りのゴムや金属にカビが生えていると少々やっかい。
結露によってつくカビ汚れは、ていねいに掃除しないとキレイにならないかもしれません。
ここでは、窓サッシの「技ありな掃除方法」と「結露によるカビの掃除方法」について詳しくご紹介します。

掃除に必要なものはいらなくなった日用品で十分

  • 歯ブラシ
  • ペットボトル
  • 掃除機
  • 雑巾(いらなくなった布)
  • つまようじ(竹串でもOK)

まずは埃汚れから。
歯ブラシをぬらさず、汚れの付着を取るイメージでざっとブラッシングします。
浮いた汚れを掃除機のブラシで吸い取ります。
ちょこちょこお掃除しているサッシだと、この段階で十分きれいになっているはずです。
サッシの角に汚れがたまっている場合は、雑巾とつまようじで掻き出します。

まだ汚れが残っている場合

これで残っている汚れは水か中性洗剤で落とします。
歯ブラシを水につけて、こすりましょう。
余程、傷になっていない限り、十分に汚れが落ちます。
最後に、ペットボトルでサッシ枠に水を流して、乾拭きします。
思ったより簡単にきれいになりましたね。
ポイントは、いきなりぬらさず、取れる汚れは掃除機で吸う事。
埃がある状態でぬらすと、汚れが伸びてなかなか除去できません。 (これは実はお掃除全般の鉄則です。)

カビや水シミはこれでは落ちません。

あと残っているのはカビや結露・雨から発生した水シミ。
カビは、カビキラーなど市販の薬剤を五分ほど浸して拭き取ります。
根が深く入り込んでいなければきれいに落とせます。
厄介なのが、深く入り込んだカビの根と水シミ。
スコッチブライトや荒いスポンジなどでこすりたく成りますが我慢してください。 表面のコーティングが取れて、逆効果です。
こうなる前の定期的なお掃除が大事です。
とはいえ、プロが使用する洗剤と道具でお掃除すればきれいにできます。
お困りの際は↓の番号にお気軽にお問い合わせください。

【見積無料!】メール・お電話お待ちしております。

営業時間 8:00~18:00(平日)

TEL : 053-424-7567

メール受付後24時間以内に確認のご連絡致します。

メールでお問合せ